【にゃるほどクノネコ社長】第51回「新型コロナウイルス 」

このコラムについて

日々の経営の中で出てくる人事・労務問題をクノネコ社長目線で描く4コマ漫画。漫画から労働法のあるあるが学べます。もしかしたらあなたの会社にもクノネコ社長がいるかもしれない。

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、
ニュースではこんな横文字が毎日飛び交うようになりました。

大抵の場合、
ロックアウト(都市封鎖)、
オーバーシュート(爆発的患者急増)
クラスター(感染者集団)、
アウトブレイク(感染爆発)、
等()書きで意味が書いてあるのですが、
これが分かりにくいとツイッターなどでも話題になっています。

新型コロナウイルスについては、用語の分かりにくさだけでなく、
どのような対応をとっていいかが分からないというのが
経営者の悩みどころだと思います。

そこで、弊社では有志の社労士と協力して、
新型コロナウイルスで起こりうる労務対応をまとめたガイドブックを作成しました。

以下URLからお申し込みが出来ますので、お役立てください。

▽新型コロナウイルス感染症 労務対応まるわかりガイドブックはこちら

https://www.tokai-sr.jp/correspondence-guidebook

これだけ影響が長引くようになると、
本格的に在宅勤務ができるようにしたり、一部の部門だけ休業をさせたり、
時差出勤を認めたりということが出てくると思います。

急いで働き方改革を進めるという企業様も出てくると思いますが、
大抵の場合どうやって時間管理をしたらいいのか、
給料の支払いはどうしたらいいのか等の労務への疑問が出てきます。

お悩みの企業様向けに、
全国社会保険労務士会連合会が無料相談を行っていますのでそちらへお問合せ頂くのもいいと思いますし、是非顧問の社労士へ問合せてみるのがいいのではないでしょうか。

▽新型コロナウイルスに関する相談窓口はこちら
https://www.shakaihokenroumushi.jp/Portals/0/doc/nsec/kouhou/press/20200311_tel.pdf

この危機を何とかして乗り切るべく、
弊社もご支援を強化して参ります!