【採用の千手必勝】第25回「採用は営業」

このコラムについて

 経営において「採用」は重要です。企業の成長には人が大きく影響しています。優秀な人材とどうやって出会い、自社に口説き落とすか、本コラムでは逆求人フェスティバルという全てが逆の求人イベントで、どうやって優秀な人材を採用するかを事例を中心に紹介していきます。

「採用活動は営業に似ている」と言われています。
この言葉に共感できない方は、採用のスタンスの参考になりますので是非読んでみてください。

売り手市場の今、「上から目線の採用」や「待ちの姿勢」だと学生から選んでもらうことは難しいです。
学生側にも就職先を選ぶ権利がありますので、企業側が真剣に追っていかないと、辞退してしまいます。
営業と同じように待っていては結果が出ず、口説いていく姿勢が大切となります。

では、なぜ採用と営業が似ているのでしょうか?

①相手のニーズを知る

②相手のニーズに合わせて自社(サービス)を提案する

③選ばれることがゴール

上記3点をもとに説明します。

①相手のニーズを知る

採用活動をする際に、就活生のニーズをくみ取っていますか?

就活生が何を求めていて、どんな人になりたいのかなどをしっかりと知る必要があります。

ニーズがわからない状態で自社の説明をしても、魅力的に思ってもらうことは難しいです。

まずは、学生のニーズをくみ取りましょう。

②相手のニーズに合わせて自社(サービス)を提案する

ニーズの把握ができたら、就活生のニーズに合わせて、自社の説明をしましょう。
自社の強みはたくさんあると思いますが、相手に合ったものを伝えないと魅力に感じてもらうことは難しいので、しっかりとニーズに合った魅力を伝えてください。

③選ばれることがゴール

最終的に内定承諾をしていただくことがゴールだと思います。

諦めずに学生の考えと自社の魅力を繋げていきましょう。

就活生の気持ちは、様々な企業との出会いで移り変わっていきます。

その時のニーズや状況を把握して、どうすれば選んでもらえるか考えて、手を打っていくことで内定承諾を勝ち取れると思います。

以上、採用活動は営業と非常に似ているので、相手のニーズをしっかりとくみ取り、自社の強みと学生の考えを繋げてあげましょう。 余談ですが、学生とご飯に行く企業も増えている印象です。これも営業における接待と似ているなと感じます。