【採用の千手必勝】第19回「伝えると伝わるの違い」

このコラムについて

 経営において「採用」は重要です。企業の成長には人が大きく影響しています。優秀な人材とどうやって出会い、自社に口説き落とすか、本コラムでは逆求人フェスティバルという全てが逆の求人イベントで、どうやって優秀な人材を採用するかを事例を中心に紹介していきます。

「最後に決めるのは学生さん」という言葉をよく聞きます。
確かに正しいと思います。
ただ、「最後」がいつを指すのかについては、非常に重要だと思いますので、どこまで追うべきなのかについて書きます。

皆様は、内定を出した学生に対してどこまで動いたら「最後に決めるのは学生さん」だと判断していますか?

・社風や事業内容を伝える
・自社で働くメリットを示す
・内定者懇親会で同期や社員との交流を持たせる
・色んな部署の社員と会ってもらう

伝えられることや動けることはたくさんあります。

よく「伝える」と「伝わる」は違うと言いますね。
伝えるだけで満足していませんか?

学生は色んな企業とコミュニケーションを取っているので、伝わっているような反応が上手な場合があります。
そのため、企業側はしっかりと伝わっていると思ってしまい、「最後に決めるのは学生さん」という状態になります。
もし伝わっているのであれば、その場で内定承諾または辞退という決断まで持っていけるはずです。
他の会社と迷っているようであれば、どのような点で迷っているのかをしっかりとヒアリングし、伝えるべきことを伝わるように伝えましょう。

また、何度も伝えることも大事だと思います。
1回伝えたからと言って満足してはいけません。
伝わりにくいタイミングと伝わりやすいタイミングがありますので、伝わりやすいタイミングに出会えるよう何度もアプローチしてください。
就活生は、色んな企業と接触を持ちながら、価値観や考えを変化させています。
どのタイミングで自社の良さを感じてくれるかはわかりませんので、伝えただけで終わるのではなく、伝わるまで諦めずに追っていきましょう。

売手市場で優秀な人材を確保するためには、「伝わる」までとことん追うことが重要です。