【採用の千手必勝】第12回「採用の引き際」

このコラムについて

 経営において「採用」は重要です。企業の成長には人が大きく影響しています。優秀な人材とどうやって出会い、自社に口説き落とすか、本コラムでは逆求人フェスティバルという全てが逆の求人イベントで、どうやって優秀な人材を採用するかを事例を中心に紹介していきます。

採用ターゲットである学生に対して、どのようなタイミングでアプローチをやめてますか?

学生毎に違うとは思いますが、もったいないなと思うケースが多いので、今回「引き際」をテーマにしました。

やってはいけない引き方は、メールを送ったが返信がないから追わないという終わり方です。

「返信がないから興味を持ってもらえていない」と考えるのはあまりよくないと思います。
興味ないことが理由で返信しない学生ももちろんいますが、そうじゃない学生もたくさんいます。

そもそもちゃんとメールを見ている学生はどのくらいいるのでしょうか?
様々なサイトに登録し、たくさんのメールが来ているので、見落としているケースは多々あります。
たまたま見落とされたがためにアプローチがストップすることほどもったいないことはありません。
魅力付けする時間を十分に取れていない場合、「興味を持ってくれなかった」と諦めるにはまだ早いと思います。電話するなり、メールを何度も送るなり、最後までアプローチをしていきましょう。

次に気になるのが、あまり興味を持ってもらえなかったためアプローチをやめるというケースです。

もちろん興味を持ってくれている学生を優先することは間違っていないと思います。
ただ、興味を持ってくれていない学生でも、面談や会社見学、食事などを通して気持ちが変わることは大いにあります。
「同じ大学の先輩社員との面談」「企業側の本気の思い」「学生側の就活の軸の変化」など学生の気持ちが変わるきっかけをたくさん提供しましょう。
採用することで活躍が見込める学生であれば、諦めずにアプローチしつづけてください。

では、どこまでアプローチするべきなのか?
学生の選択(内定承諾先など)に納得がいくまでかなと考えております。
追っていた学生が、どんな理由で自社を断って、どんな理由で他社に内定承諾したのかに納得できるまで、学生と向き合ってください。
自社に足りない部分や学生の感覚を知る上でも、最後までアプローチすることの価値は高いと思います。
また、採用力の向上にも確実に繋がりますので、諦めることなく、最後までアプローチしていきましょう。