【採用の千手必勝】第9回「選考フローの重要性」

このコラムについて

 経営において「採用」は重要です。企業の成長には人が大きく影響しています。優秀な人材とどうやって出会い、自社に口説き落とすか、本コラムでは逆求人フェスティバルという全てが逆の求人イベントで、どうやって優秀な人材を採用するかを事例を中心に紹介していきます。

どのような選考フローで内定出しを行っていますか?
採用という目的に向けた効果的なフローになっていますか?

選考フローは非常に重要です。
どのようなフローにするかによって、選考移行率や内定数は変わってきます。

営業をしていて、採用が上手だなと思う企業もあれば、良い学生の採用は難しいだろうなと思う企業もあります。
選考フローを変えるだけで改善できる点は多いのではないかと感じます。
採用が上手くいっていない企業の話を聞くと、選考フローが下記のようなケースが少なくありません。

【選考フロー】
説明会→一次面接→二次面接→最終面接→内々定

ナビサイトで検索するとよく見る一般的な選考フローですね。
何が問題なのでしょうか?
それは、学生が企業に興味を持つための機会が少ないことです。
売手市場の今、興味の度合いが低い企業はあっさりと選考を辞退されてしまいます。

説明会で「この会社に入りたい!」と強く思った学生は、最終面接まで辞退することなく進んでいくと思いますが、就活真っ只中で、色んな企業の情報が入ってくることで志望度が下がるケースは多いです。結果、魅力を感じていない企業の選考は辞退していきます。

しっかりと最終面接までモチベーション高く選考に乗ってもらうためには、魅力付けが大事です。
魅力付けのためには、面談、座談会、ランチ会、飲み会、セミナーなど様々な手法がありますので、学生の就活状況や自社への志望度に合わせて、積極的にアプローチしていきましょう。

優秀な学生を採用できている企業の一例として、「面接は最終面接だけ」という企業に多く出会います。

色々な選考フローがあるため、何が最適かは企業規模や戦略によって違ってくるとは思いますが、学生を最終面接までしっかりと繋いでいくうえでは、面接を繰り返すよりは効果的だと思います。

ちゃんと学生を見極められるのかという点を気にされる方もいらっしゃるかもしれませんが、最終面接までの接触(面談や座談会など)で学生のことを深く知っているので、見極めもしっかりと行った上での最終面接になっている印象です。実際に、最終面接は確認だけで、落とすことはほとんどないというケースが多いです。

学生が入社後に活躍してくれるかももちろん大事ですが、学生に自社の魅力をしっかりと伝えることを忘れずに、選考を進めていきましょう。