【採用の千手必勝】第3回「自社の採用要件に合うか?」

このコラムについて

 経営において「採用」は重要です。企業の成長には人が大きく影響しています。優秀な人材とどうやって出会い、自社に口説き落とすか、本コラムでは逆求人フェスティバルという全てが逆の求人イベントで、どうやって優秀な人材を採用するかを事例を中心に紹介していきます。

前回に引き続き準備編です。
前回は、学生を惹きつけるエントリーシートの確認の仕方をお伝えしました。
ポイントは大きく2つで「自社に興味を持つ可能性があるか?」「自社の採用要件に合うか?」です。自社に興味を持つ可能性があるかどうかを前回解説しました。まだの方は、確認しておいてください。

今回は自社の採用要件に合うか?がテーマです。
そもそもですが、自社の採用要件は決まっていますか?
行動力、コミュニケーション能力、論理的思考力、勤勉さ、人柄など企業によって様々です。
しかし、企業の経営者や担当者と話をしていると、採用要件が抽象的でよくわからないケースが散見されます。

採用要件が抽象的だと、感覚的な採用となってしまいます。
感覚的な採用では、「どんな」学生が「どこ」にいるのかわからず、採用活動を通じて自社の採用要件に合う学生と会えずに終わってしまいます。
自社の採用要件に合う学生(ターゲット)に効率よく会えるサービスなのかどうかは、採用活動を行う上で、非常に大事なポイントですので、採用要件は事例を交えながら具体的に設定することが大切です。

採用要件が定まっていない場合は、前年の内定者を決めた理由や縁のなかった学生の特徴から考えてみてもいいかもしれません。

さて、自社の採用要件が定まったら、エントリーシートから採用要件を満たすかどうかを確認していく方法についてです。
逆求人フェスティバルのエントリーシートには、「最も注力した事」「人生で最大の決断」「社会人としての挑戦・目標」という項目があります。
どの項目を見る際も「○○(採用要件)を持っているか?」という視点を意識してください。
そして、実際に会った際に、予想が当たったか外れたかを確認して次に生かしましょう。

・最も注力した事
いわゆる「ガクチカ」(※学生時代に力を入れたことの略)です。
何を頑張ったか?なぜ頑張れたのか?何を得たのか?など記載されておりますので、自社でどのような頑張りができるのか?どのように学んでいくのか?などと照らし合わせることが可能です。

・人生で最大の決断
今まで生きてきた過去の最も大きな決断が記載されております。
決断内容ももちろん大事ですが、決断のきっかけも記載されておりますので、決断理由から学生のモチベーションの源泉などを確認しましょう。
人が理由なのか、自分を変えたいことが理由なのかなど、理由をしっかりと確認することで、志向性を知ることができます。

・社会人としての挑戦・目標
私は働くうえで大事なことは「夢、目標を持つこと」だと思っております。
私が学生と面談する際はここを深く掘るケースは多いです。
働く理由があり、それが自社にマッチしていることほど、学生にとって幸せなことはないと思います。
学生の将来と自社の事業内容やビジョン、社風がマッチすれば、採用にも近づきますので、自社と繋げられるポイントを探してみてください。
学生も視野が広がることは嬉しいはずですので、会った際にプラスに働くと思います。

上記のように、どのような学生かをしっかりと把握し、採用ターゲットとなりうるか確認しつつ、実際に会った時に聞く質問を考え、その学生にとって魅力に映るであろう自社のポイントを考えて、逆求人フェスティバル本番に臨みましょう!

次回は、事前に送ることができるメッセージについてです。
学生の期待値を上げることが可能ですので、フル活用していきましょう。