【世界のミンワから】第1回【カメのこうらはひびだらけ】

このコラムについて

世界は物語であふれています。面白い話もあればつまらない話もあり、学びがある話もあれば、全く何のためにもならない話もあります。
そんな世界各地に伝わるミンワを紹介していきます。きっと何かが感じられるはずです。

むかしむかし、あるところに一匹のカメがいました。
このカメは大変知りたがりでした。

ある晩のことでした。カメは砂浜にでて、空を眺めていました。星のきれいな夜でした。
「ああ、なんてキレイな空だろう。なんてステキな星だろう。あの星のそばは、どんな風なんだろうなあ。」
空を見上げているうちに、カメは急に、星のそばに行ってみたくなりました。

カメはのっそりのっそり、空をさして歩き始めました。
歩いているうちに夜が明けました。

なお歩き続けているうちに、日が暮れてまた夜が来ました。
カメは空を見上げました。
星は相変わらず空高く輝いています。
カメはがっかりしました。
でもまた元気をだしてのろのろと歩き始めました。

「もうだめだ。星のそばへなんて、とうていいけやしない。」
カメが悲しんでいると、灰色のアオサギがそばを通りかかりました。

「こんにちは。カメさん。こんなところで何をしているんですか?」
「星のそばへ、行ってみたいんだけど、歩いても歩いても行けないんだよ。アオサギさん、私を空へ連れて行ってくれないかい?」

「いいですとも。おやすい御用です。さあ、私の背中にお乗りなさい。」
カメは大喜びで、アオサギの背中に、よじ登りました。

アオサギは翼を広げて、舞い上がりました。
アオサギはグングン空高く昇っていきました。

しばらくしてアオサギはカメに聞きました。
「カメさん、カメさん、地面は見えますか?」
「見えるよ、見えるよ。ずいぶん小さくはなったけどね。」
とカメは答えました。

アオサギはいっそう高く昇っていきました。
しばらくいくとまたカメに聞きました。
「カメさん地面は見えますか?」
「いやアオサギさん。もう見えなくなってしまったよ。」

すると突然、アオサギは大声をあげて笑い出しました。
そしていきなり、高い高い空の上で宙返りをしました。
アオサギは実は悪い魔法使いだったのです。
カメはアオサギの背中から、あっという間に放り出されて
真っ逆さまに落ちていきました。

“【世界のミンワから】第1回【カメのこうらはひびだらけ】” への 1 件のフィードバック

コメントは受け付けていません。