【採用の千手必勝】第2回「学生を惹きつけるエントリーシートの確認の仕方とは?」

このコラムについて

 経営において「採用」は重要です。企業の成長には人が大きく影響しています。優秀な人材とどうやって出会い、自社に口説き落とすか、本コラムでは逆求人フェスティバルという全てが逆の求人イベントで、どうやって優秀な人材を採用するかを事例を中心に紹介していきます。

「備えあれば憂いなし」

準備は非常に大事です。
採用につながるかどうかはこの準備にかかっています。
私は、学生との面談を通じて、就職活動の最初から内定承諾まで学生と関わっていますが、採用がうまいと感じる企業とそうでない企業の差は準備をどれだけしているかだと思っています。

逆求人フェスティバルのイベント前にできることは下記2点です。
①参加学生のエントリーシートの確認
②参加学生へメッセージ送信

学生に対して、自社がどのようなイメージをもってもらいたいか戦略を持って進めていきましょう。
多くの学生が、エントリーシートを提出して、集団で面接して…といういわゆる普通の就職活動では、企業が学生と向き合って採用活動してくれていないと感じています。
私自身も、学生時代に逆求人フェスティバルに参加して「事前にちゃんとエントリーシートを見てもらえてるって嬉しい!興味持ってもらえて嬉しい!」と感じました。

エントリーに対して本気で向き合ってもらえることって本当にうれしいことなのです!
逆求人フェスティバルの運営をしていても、多くの学生が同じことを言っています。
「エントリーシートを確認し、メッセージを送信する」それだけでも効果は抜群です。
ぜひ積極的に活用していきましょう。

では確認とは具体的にどのようにすればいいのでしょう。
①参加学生のエントリーシートの確認についてです。
大切なことは、ターゲット選別および当日の顔合わせ時にする質問を考えます。

ターゲット選別のポイントは
・自社に興味を持つ可能性があるか?
・自社の採用要件に合うか?
を見極めます。

エントリーシートには、下記のような項目があります。
□会社選びの軸と理由
□志望業界と理由
□志望する会社規模と理由

それぞれの項目に「理由」が含まれているのがポイントです。
この「理由」をちゃんと見ることで、その学生さんの志向がわかります。

もし、志望業界に自社が含まれていなくても、まだまだ可能性はあります。
「理由」が自社にマッチしていれば、興味を持ってもらえる可能性大です。

例えば下記のようなケースです。
――――――――――――――――――――――――――――
第一志望業界:サービス(医療・福祉・介護)
理由:今後少子高齢化が進むなかで、対象の人たちをサポートしたいから。また子供が好きだから。

第二志望業界:外資系企業
理由:海外について興味があり、将来、今まで以上に外国と密接な関係を築くと思うから。

第三志望業界:メーカー(医薬品・化粧品)
理由:親が医療に携わっているということもあり興味があるから。また、化学を勉強しているため。

――――――――――――――――――――――――――――
やりたいことはいくつかあるように書いてありますが、上記以外の業界に興味を持つ可能性は高いです。
業界が幅広いことから、まだ絞っていない可能性も見受けられます。
「理由」に目を向けることで、その学生さんの志向や就活状況を想像できます。

サービスを選んでいる理由から、人のサポートに興味があることがわかります。
おそらく、マイナスをゼロまたはプラスに持っていくことに興味を抱くタイプなのだと思います。
多くのサービスが、困っている人に対して解決策を提示するものだと思いますので、自社の事業内容なりのマイナスをゼロにする方法を話すと、惹きつけられる可能性があります。

また、質問項目として「なぜサポートすることに興味があるのか」を挙げておくといいと思います。
この質問することで、自社の事業内容に興味を持ってもらえる可能性の模索が可能です。

最終的に、この学生は逆求人経由で人材系の会社に就職しました。

このように、元々志望している業界以外に就職する可能性は大いにありますので、志望業界を見て諦めずに、口説くポイントを探しましょう!

参加学生さんは、色んな企業との出会いに期待しており、業界を絞っている学生さんは逆求人フェスティバルに参加しませんので、ご安心ください。

次回も、準備編についてです。

逆求人フェスティバル以外でも、学生さんに会う前の準備は大事だと思いますので、少しでも参考になれば幸いです。